薬剤師と彼氏の話

user-pic
0
その流れの中では、薬剤師に期待され、果たすべき役割は徐々に高まってきています。
そのため、医療に役立て、信頼にたる薬剤師であることを明らかにするために、認定資格や専門資格が要求されていくようになって来ました。
そこで薬剤師の関係した団体の日本薬剤師会をはじめとした、日本病院薬剤師会、日本薬学会、日本医療薬学会、国立薬学部長会議、私立薬科大学協会などが連携して第三者機関を作り、専門薬剤師制度の認証を行なうこととしました。
現在のところ、主に日本病院薬剤師会が中心となって、色々な医療のジャンルにおいて、専門薬剤師の資格を認定しています。
元来専門薬剤師は、医療現場でひっきりなしに、業務のたくさんある医師や保健師の医療事故などが相次ぐ中で、薬剤師が処方監査などをすることで防ぐことが出来る医療事故もあるだろうという見識の中、創設が言われ始めました。
ある分野に詳しく、積極的に参加できることができる薬剤師を育てることにより、ドクターの負担を分散し、安全で安心できる薬物療法の提供を目標にしようという事情です。
さらにこのことは、いろいろな医療事故により、患者さんが医療に対する不信感を持つようになってしまった状況で、薬に対する安心感と信頼感を再び持っていただくことも目的にしています。
それだけでなく、最近では登場して間もない医薬品や医薬品の新たな副作用の発見など、薬に関することも日々新しくなっており、たくさんのデータベースとなっています。
今までに述べたような状況から、医薬品は分類化された症状ごとにマッチした特徴を持っているようになっているので、投薬もきめ細かいスケジュールで進められていく必要性が求められ始めました。
また、がんや感染症、精神疾患などでは高度なスペシャリスト性を持った薬剤師がより必要となってきています。
このような中から、信頼の厚い専門性の高い薬剤師が必要とされるようになってきたというわけです。


CROについて

このブログ記事について

このページは、けんが2012年6月15日 05:40に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ダイエット効果、出るといいな~」です。

次のブログ記事は「何となく懐かしい感じ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

リンク