医師と放射線技師

user-pic
0
病院や医療機関では医師が単独で病気やケガを負った患者さんを診ているわけではなく、医師を中心に様々なコメディカルたちが病気やケガの回復に必要な養生を専門的にサポートをしています。また近年は様々な医療専門職がお互いの領域を尊重し、対等に連携し、患者さんを中心とした医療を実現していこうとするチーム医療の考え方が医療に強く反映されるようになりました。各領域のスペシャリスト性、プロフェッショナル性を求める傾向も強く、コメディカルたちがより専門性を持って活躍しています。

放射線治療設備のある大きな病院では、放射線領域に特化した放射線科医がいるのが原則です。しかしながら現在の日本の病院では放射線専門の医師が活躍していると言うよりは、放射線技師の方が放射線の技術を使った医療に従事している病院が少なくありません。また病院によっては放射線専門医と放射線技師が協働で診療・治療に当たるところもあります。放射線は健康への害や生活環境汚染など、生命や生活を脅かす要素が強い反面、有効利用することで生活や医療を大きく発展させる特性を持ちます。放射線の医療への適用は進んでおり、特にガンの治療法として有効性が見出されています。

診療放射線技士はレントゲン、CTスキャン、MRIなど放射線を用いた検査・診断・治療を行う専門の技術者です。診療放射線技師の主な仕事のひとつは検査業務で、レントゲン、CT(コンピュータ断層撮影)検査、骨への転移ガンの診断などに使われるアイソトープ検査などを行います。また医師の治療方針に従い、所定部位に放射線を照射する放射線治療では、放射線をガン患部に照射することによりガン細胞の機能の低下や進行を抑えます。放射線治療の大きな特徴は切らずに直せることで、開腹手術を避けることで患者さんの身体的負担を最小限にとどめ、臓器の温存やQOLを守ることを可能にしています。

放射線は検査・治療法として有効的ではありますが、扱い方によっては人体に大きな危険をおよぼします。そのため専門的な知識とそれに裏付けられた確かな技術が求められ、現場での医療被曝を軽減するために診療放射線技師が患者さんをはじめ、医師、看護師、技師自身の被爆量を測定・コントロールし、健康被害が生じないよう管理しています。

放射線治療は現代の高度先端医療であり、その医療を扱うスペシャリスト・診療放射線技師は現代医療に欠かすことのできないチーム医療の重要な一員となっています。(ちなみに医師の転職に関してはこのページもご参考下さい。)

このブログ記事について

このページは、けんが2013年6月14日 16:03に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「衝撃ニュース2本・・・」です。

次のブログ記事は「続いていくのかな?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

リンク